『漢方の臨床』最新号2019年12月号 目次
2019(令和元)年・第66巻・第12号    
〔口絵〕目でみる漢方史料館(376)
  常泉寺の張仲景碑
小曽戸 洋 (2)1118
巻頭言/オーラルフレイル・口腔機能低下症と東洋医学 山口 孝二郎 (11)1127
抑肝散 その目標と証 佐藤 田實 (13)1129
新しい「証」への挑戦 蛹エ 茂人 (25)1141
北里東医研診療録から(187)                                                        統合失調症に漢方治療の併用が有効であった2症例 遠藤 大輔ほか (30)1146
飯塚病院月曜カンファレンス臨床経験報告会より/(通算95)
『最近の治験・知見・事件!?』パートU(80)
飯塚病院漢方診療科入院患者の心理テスト(SDSとSTAI)の検討
矢野 博美ほか (38)1154
医師・薬剤師リレー治験録(179) 五苓散と苓桂朮甘湯の併用の意義 北川 寛ほか (43)1159
東洋堂経験余話(318) ▽肺炎に竹葉石膏湯 ▽長年の疲労倦怠感に茯苓飲 松本 一男 (49)1165
漢方牛歩録(371) ▽変形性脊椎症の下肢のしびれ脱力に黄耆桂枝五物湯加味 ▽激しい咳に越碑加半夏湯 ▽肩関節周囲炎に麻杏薏甘湯  中村 謙介 (52)1168
漢方研究室(49) 2019年12月号出題 第49問 村松 慎一 (55)1171
先哲誕生日&命日 5月編 〜医史学と臨床の懸け橋〜 纈J 圭二 (57)1173
和田東郭の『蕉窓雑話』を読む(99) 佐藤 眞弓ほか (65)1181
第70回日本東洋医学会学術総会報告 篠原 宣 (70)1186
編集長の撰ぶ重要記事ふたたび(61)/常陸紀行(上) 気賀 林一 (73)1189
編集長の撰ぶ重要記事ふたたび(62)/河童随筆(23)<桃核承気湯> ちぐあん(間中善雄) (79)1195
漢方関係学会・研究会予定(1月)   (81)1197
*ユニコードで表記している部分があるため、お使いのコンピュータの環境によっては表示しない文字のある場合がございます。ご了承ください。