『漢方の臨床』最新号2017年5月号 目次
2017(平成29)年・第64巻・第5号    
〔口絵〕目でみる漢方史料館(345)
 村井琴山『傷寒論講録』『類聚方議』
星野卓之・小曽戸洋 (2)518
巻頭言/漢方と蘭方 真柳誠 (11)527
座談会/医療用漢方製剤秘話 小根山隆祥・三上正利・
佐々木博・中島実・
秋葉哲生
司会:金成俊
(13)529
一般論文/訪問診療における疼痛管理に漢方が有効的であった3症例の検討 阿南栄一朗・織部和宏 (33)549
一般論文/桂枝湯を通じて考える表裏の構造U 桂枝湯により裏が動く理由−肝炎の治療例− 宮澤裕治 (39)555
北里東医研診療録から(159) 清熱補気湯が有効であった舌痛症例とその舌証について 伊藤剛・小田口浩・花輪壽彦 (47)563
手のひえ、ほてりを簡易型サーモグラフィで診ると−方法と症例の報告− 久保重喜 (53)569
成城漢方雑話(12) 八味丸、補中益気湯の投与により、尿道バルーンカテーテルの抜去に成功した高齢者の1症例 盛岡頼子 (59)575
中気下陥により非結核性抗酸菌症(NTM)と子宮脱を併発した症例 大関潤一ほか (63)579
飯塚病院月曜カンファレンス臨床経験報告会より/(通算64)
『最近の治験・知見・事件!?』パートU(49)漢方治療により夫婦関係が良好になった3症例
井上博喜・田原英一ほか (69)585
東洋堂経験余話(289) ▽婦人の腹痛に枳実芍薬散料▽長く続く腹痛下痢に胃風湯 松本一男 (74)590
漢方研究室(35) 2017年3月号回答・解答・講評 第35問 出題:織部和宏 (77)593
浅井国幹の遺志を現代に活かす(3) 伊藤嘉紀 (87)603
伝統医学が国際疾病分類(ICD)に入る意義 その1 渡辺賢治 (97)613
和田東郭の『蕉窓雑話』を読む(69) 鶴博生・樋口理ほか (107)623
中国・宮廷医列伝(2) 静貴生 (113)629
江戸時代の漢方にみるオランダ医学の影響(4) 好古亭亭主 (117)633
編集長の撰ぶ”重要記事ふたたび”(18)/河童随筆〈針灸術の命運〉 間中喜雄 (119)635
漢方関係学会・研究会予定(6月)   (121)637
*ユニコードで表記している部分があるため、お使いのコンピュータの環境によっては表示しない文字のある場合がございます。ご了承ください。