〔ご挨拶〕 〔沿革〕〔本会の目的〕〔本会の事業〕 〔役員の陣容〕 〔入会案内〕

〔 沿 革 〕


 昭和 9年 5月        のちの東亜医学協会創立者らが漢方医学の復興を目指して
   日本漢方医学会を設立。雑誌『漢方と漢薬』を創刊。
 昭和10年10月      東京に漢方医学講習会「偕行学苑」(東亜医学協会の前身)発足、
   11年 2月より拓大に於て漢方講習会を開く。
 昭和12年 4月      拓大漢方講習会、拓大漢方講座に昇格。
   大塚敬節、矢数道明、矢数有道、木村長久、清水藤太郎、柳谷素霊、石原保秀
   の7名が講師となり、前後8回の講習会を開き、700名以上の修了者を出す。
 昭和13年11月    大塚敬節、矢数道明などの主唱により拓大漢方講座を母体とし、
   東亜医学協会が結成され、月刊 『東亜医学』 を発行。
 昭和16年 3月    戦時下雑誌統合令により、『東亜医学』 は 『漢方と漢薬』 に統合合併。
 昭和29年 8月    東亜医学協会再発足、矢数道明が理事長に就任。月刊 『漢方の臨床』を創刊。
 昭和63年11月    東亜医学協会創立50周年記念大会開催。
 平成 3年10月    第1回漢方湯液治療研究会開催、以後毎年秋に開催している。
 平成 8年 4月    『漢方の臨床』 通巻500号に達し、記念号を4号連続発行。
 平成10年 9月    東亜医学協会創立60周年記念大会開催。
 平成11年 9月    日本学術会議の学術研究団体として認可される。
 平成14年10月    創立者・矢数道明が96歳で逝去。後任に大塚恭男が会長、
   矢数圭堂が理事長に就任。
 平成19年 4月    理事長に寺澤捷年が就任。大塚恭男は名誉会長、矢数圭堂は会長に就任
 平成20年11月    東亜医学協会創立70周年記念号発刊。
 平成24年11月    理事長に花輪壽彦が就任。
 平成24年12月    『漢方の臨床』通巻700号に達する。
平成26年8月    『漢方の臨床』創刊60周年を迎える。
平成29年4月    理事長に秋葉哲生が就任。


〔 本会の目的 〕


 本会は東アジアの発達した伝統医学の振興に関する事業を行うとともに、
日本の伝統医学の普及につとめ、もって文化の向上と人類の福祉に寄与する


〔 本会の事業 〕


    機関誌月刊 『漢方の臨床』 の発行
  研究会、講演会、その他必要な伝統医学の啓蒙活動
  漢方研究者の表彰
  内外の関連諸機関との交流


2001-2017 The Association of East-Asian Medicine All Rights Reserved.
東亜医学協会『漢方の臨床』<禁無断転載>