〔ご挨拶〕 〔沿革〕〔本会の目的〕〔本会の事業〕 〔役員の陣容〕 〔入会案内〕

〔 ご 挨 拶 〕


矢数 道明 先生 大塚 敬節 先生


 東亜医学協会は昭和13年(1938)に
漢方医学復興に情熱を傾けていた医師・薬剤師・鍼灸師らが
流派を越えて大同団結し、「拓大漢方講座」を基盤として発足しました。
主要な事業は漢方医学講習会の実施であり、
併せて本協会の表裏の関係にあった日本漢方医学会から月刊『漢方と漢薬』を発行。
こうした強い連携により、漢方界は復興の歩みをたどり、
また漢方界を支える人材育成の枢軸となりました。

 戦中・戦後の混乱がようやく治まり、
日本東洋医学会が創立されたあとの昭和29年(1954)、
主だった学会創立者によって本協会は新たに 『漢方の臨床』(月刊)を創刊、
本格的な活動を再開しました。
今日、同誌は会員の学術研究発表・研鑽・交流の場として
堅実な歩みを積み重ねています。

 本協会はさらに伝統医学の概念をベースに、レベルアップを図るため、
平成3年(1991)から「漢方治療研究会」を発足。
以後、日本東洋医学会の支援のもと毎年秋の開催を恒例としております。

 今後もさらに本会の事業を拡大し、
東アジア伝統医学の確立と発展につとめたいと念じております。

2001-2016 The Association of East-Asian Medicine All Rights Reserved.
東亜医学協会『漢方の臨床』<禁無断転載>