〔ご挨拶〕 〔沿革〕〔本会の目的〕〔本会の事業〕 〔役員の陣容〕 〔入会案内〕

〔役員の陣容〕 平成29年2月現在
 会  長 
矢数 圭堂
  理 事 長  

花 輪 壽 彦


理事長就任のご挨拶


 東亜医学協会は故大塚敬節・矢数道明両先生を中心に昭和10(1935)年に創設された「偕行学苑」を前身とし、昭和13(1938)年に結成された学術団体であります。
 その後、戦時下で活動を中断するに至りましたが、昭和29(1954)年に活動を再開し、月刊『漢方の臨床』を発刊することになりました。
 さらに平成3(1985)年からは「漢方治療研究会」を開催するなど、伝統医学の継承と発展について、国際交流をも視野に入れて活発な活動を行って参りました。
 この伝統ある東亜医学協会の理事長に推挙されたことは、私にとって誠に光栄なことであり、また身の引き締まる思いであります。
 『漢方の臨床』誌は論説、治療経験、医史学、ときには随想など、純学術誌とは違う視点から、比較的格式張らない楽しい経験交流の場となっており、この姿勢が支持され、今日まで継続できたのではないかと自負しています。
ちなみに、本誌は平成24(2012)年12月号で700号という大記録を達成いたしました。
ひとえに会員の皆様のご協力・ご支援の賜物と厚く感謝申し上げます。
 しかし、今日厳しい経済状況の中で、毎月定期的に刊行するには、一層の財政基盤の強化を要します。
 どうか会員の皆様には本協会への入会勧誘を含めまして、絶大なご支援を心よりお願い申し上げます。
  常任理事   
秋葉 哲生 小曽戸 洋 三谷 和男 
  理  事  
喜多 敏明 佐藤  弘 鈴木 邦彦 並木 隆雄 星野惠津夫
真柳  誠 室賀 一宏 矢数 芳英 安井 廣迪 山崎 正寿
山田 享弘 渡辺 賢治
  監  事 
 大貫  進  丁  宗鐵
  評 議 員  
石川 友章 伊藤  剛 伊藤  隆 伊藤 嘉紀 稲木 一元 岩崎  勲 及川 哲郎 大関 潤一 小田口 浩
織部 和宏 笠原 裕司 杵渕  彰 金  成俊 木村 容子 久保田達也 粂川 義雄 小暮 敏明 新谷 卓弘
関矢 信康 地野 充時 津谷喜一郎 土佐 寛順 長坂 和彦 中島 正光 長瀬 千秋 西田 愼二 西巻 明彦
福澤 素子 福田 佳弘 星野 卓之 町 泉寿郎 溝部 宏毅 三潴 忠道 峯  尚志 宮崎 瑞明 村松 慎一
盛  克己 森  由雄 山田 博一 山本 昇吾 吉本  悟 渡辺 浩二
  特別顧問  
石野 尚吾 菊谷 豊彦 寺澤 捷年 寺師 睦宗 中田 敬吾 原  桃介
細野 八郎 松田 邦夫 室賀 昭三 山田 光胤
  顧   問  
今田屋 章 荻原 幸夫 小根山隆祥 田畑隆一郎 多留 淳文 土屋伊磋雄
中川 良隆 中村 謙介 鍋谷 欣市 二宮 文乃 本間 行彦 松下 嘉一
三上 正利
   幹  事  上中 偉鈴 
  編集企画委員会    
〔委員長〕 秋葉 哲生   〔委 員〕  金  成俊  福澤 素子  矢数 芳英  渡辺 浩二
〔英文版委員長〕 室賀 一宏 〔英文版委員〕   安井 廣迪 〔顧 問〕  土屋伊磋雄  〔オブザーバー〕  上中 偉鈴 



2001-2017 The Association of East-Asian Medicine All Rights Reserved.
東亜医学協会『漢方の臨床』<禁無断転載>