_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ダウンロードのページ

東亜医学協会創立設立60周年記念

機関誌・雑誌データベース

−「東亜医学」「漢方と漢薬」「漢方の臨床」−

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


内 容
   
   1) 「東亜医学」    第1号から026号(全目次)

      2) 「漢方と漢薬」  第1号から135号(全目次)

      3) 「漢方の臨床」  第1号から547号まで(平成12年03月迄全目次)

      上記の1)2)3)全冊の目次をデータベース化し
      タイトル、著者、年/号数/巻数/ページを検索・閲覧可能にしたものである。



配布内容
    
 1)テキストファイル(タブ区切り形式)

      2)Win95/98上で動作するマイクロソフト・アクセス2000で作成したデータベース
        (マイクロソフト・アクセス2000で検索・閲覧可)

      3)著者人名辞書(ATOK用)

制 作
   
  1998年/平成10年09月23日 Ver.1
      1998年/平成10年11月05日データ追加更新 Ver.1.1
      2000年/平成12年04月02日データ追加更新 Ver.1.2
制作者 :小林健二 KHF06474@nifty.ne.jp



履歴    Ver1.1 → 3)「漢方の臨床」   1号から530号まで(平成10年10月迄全)
       Ver.1.2 →     〃      2000年/平成12年04月02日データ追加更新 


(詳細説明)

■1、テキストファイル
 ※タブ区切り形式での3項目に分けてあります。
 (タイトル、著者、年/号数/巻数/ページ)
 ・エディタ、ワープロで閲覧できます。
 ・エクセル、ロータス123、アクセス、ファイルメーカーPro等、表計算、データベースの使えるアプリケーションソフトに取り込めます。

 ファイル名:
TOAIGAKU.TXT  「東亜医学」   -------> ダウンロード  TOAIGAKU . LZH   ※データ更新なし

KAN_KAN.TXT   「漢方と漢薬」  -------> ダウンロード  KAN_KAN . LZH   ※データ更新なし

KAN_LIN.TXT    「漢方の臨床」 -------> ダウンロード  KAN_LIN . LZH    ※データ更新あり!
                                           (最終更新日2000年04月06日)

LHA.EXEで圧縮してあります。

■2、データベース
 ファイル名:
TOUAIGAKU .MDB  -------> ダウンロード  TOUAIGAKU .LZH  ※データ更新あり!
                           (最終更新日2000年04月06日)


 ・マイクロソフト・アクセス2000(Win95/98上)で作成したデータベース
 ・マイクロソフト・アクセス2000(Win95/98上)で閲覧して下さい。

※略史年表データベースをダウンロードしたかたは不要です(雑誌データベースと合わせて入っています)
LHA.EXEで圧縮してあります。

■3、著者人名辞書(ATOK用)
 ファイル名:
NAME_DIC.TXT -------> ダウンロード NAME_DIC.LZH ※データ更新とうぶんなし

LHA.EXEで圧縮してあります。

 ・雑誌に執筆した著者(約1,200名)の名前の辞書(ATOK形式)

 ・著者名の辞書は各自自分のパソコンの環境に合わせて辞書登録して下さい。

 ・辞書登録方法は(参考2)を見て下さい。
  ATOKの場合、辞書を使い分けたい人は単漢字辞書(F2キー)に設定を推奨。
  そうでなく、通常の変換(スペースバーでの変換)で使いたい人は標準辞書で設定
  して下さい。
〔使用法〕:頭文字+@で候補がすべて出ます。
  例:や@ → 矢数道明、
    お@ → 大塚敬節

■凡 例
1、外字はすべてカタカナにて処理した。
  例:オ血、ソウ理、黄ゴン、、、
2、本データベースでは座談会等での出席者(発表者)を著者として扱った。
3、雑誌では名前を姓のみで名を略している部分があるが、本データベースでは略さず
  フルネームの姓名を付した。(検索に不便が生じないよう)
4、雑誌の「年頭のあいさつ」部分は一部発表者を省略した。
5、雑誌の「編集後記」「漢方医界のMEMO」などの部分は省略した。
6、本データベースは、検索に便利なようにタイトル、著者名の文字を統一した。
  例1:竜野/龍野、眞柳/真柳、杵淵/杵渕、、、 いずれも最近の号で使われてい
     るものに統一した。
  例2:針灸/鍼灸、竜骨/龍骨、、、 雑誌全体で比較的多く使われている方に統一
     した。
  これはパソコンで検索をするという実用的見地から処理をした。
  いずれも著者の了解を頂いていないもので、独自に処理をしたことをお許し頂きた。
7、本データベースは、OCRにて処理したため、一部校正ミスがあると思われる。
  寒を塞、日を曰、タを夕、その他OCR的な誤りは多数あり、数度の校正処理はした
  が、まだ誤りが無いとはいえない。その点ご了承のほど。
8、本データベースは、テキスト、検索ソフトともに著作権は小林健二にあるが、転載、
  配布は自由です。
10、ご意見、感想、希望などは
  小林 健二 <KHF06474@nifty.ne.jp> まで連絡を下さい。
                                    以上 
--------------------------------------------------
(参考1)
■東亜医学協会/機関誌「東亜医学」
自第1号・至第26号)
1939年(昭和14年2月1日)-第1号--- 1941年(昭和16年3月15日)-第26号

〈附記〉機関誌「東亜医学」は戦時下雑誌統合令により廿六号を以て
    「漢方と漢薬」に合併して廃刊、戦後「漢方の臨床」として再出発した。


■「漢方と漢薬」
第1巻第1号,昭和9年5月
日本漢方医学会創刊
12年間で通巻125号

1934年(昭和9)-復刻第1巻-第1巻-1号
.............
1944年(昭和19)-復刻第27巻-第11巻-8-9号

※昭和50年1月、復刻版(全28巻).発行、春陽堂

--------------------------------------------------
■「漢方の臨床」
1954年(昭和29)-第1巻-1号
.............
1998年(平成10)-第45巻-8号(通巻528号)

※昭和54年11月、復刻版(全27巻).発行、雄渾社
--------------------------------------------------

(参考2)
辞書の登録方法
●「ATOK11」の場合

・ワープロを起動し画面右下「ATOK11」のアイコン「あ連R漢」部分を右クリック
「ATOKのプロパティ」の「画面の辞書ユーティリティ」選択
「一括処理」
   ↓
「単語一括処理」
   ↓
「ATOK辞書(J)」「標準  」「辞書設定(D)」
            −−−−   ↑ここで設定(「単漢字」がおすすめ)
「単語ファイル(T)」「    」「参  照(R)」
            −−−−   ↑ここで辞書ファイル(Name_dic.txt)を設定
「登録」
 以上で終了

●「MS−IME97」の場合

・ワープロを起動し画面右下の「MS−IME97」のアイコン部分を右クリック
「MS−IME97のプロパティ」の「単語/用例の登録」を選択
「単語/用例の登録」
   ↓
「単語の登録」
   ↓
 右下の「辞書ツール(T)」選択
   ↓
「MS−IME97辞書ツール」
   ↓
「ツール(T)」
   ↓
「テキストからの登録(T)」
   ↓
「ファイル名(N)」  「     」 「開く」
                     ↑ここで設定(辞書ファイルの Name_dic.txt)
「ファイルの種類(T)」「ATOK形式テキスト」
             −−−−−−−↑ここ設定
「登録」
 以上で終了